ほうれい線を防ぐには|見た目年齢を若く保つ方法

ほうれい線、老化を防ぐ、ほう れい 線 を なくす 方法

ほうれい線とは何か?

歳と共に顔にほうれい線が目立つようになり、ほうれい線が目立つかどうかで年齢を判断されるといっても過言ではありません。

そもほうれい線って結局何なのでしょうか?
よくわかりませんよね。

ほうれい線とは鼻の両脇から唇に向かって伸びている2本の線のことです。
実はしわではなく頬のたるみによって生じるものです。
ただ年齢と共に目立ってくるために第一印象でほうれい線が目立つかどうかで年齢の判断材料にされてしまいます。

それではどうしたらほうれい線を防ぎ、ほうれい線を消し、見た目年齢を若く見せることができるのでしょうか?

ほうれい線を防ぐ1 水分を取る

肌が乾燥すると、シワができやすくなります。特に冬は、空気も乾燥していますし、水分もあまりとることがありません。
意識して水分を取るようにしましょう。
また、睡眠中は、500ml近くの水分が汗として排出されていますので
朝はしっかりと水分を摂りましょう。

ほうれい線を防ぐ2 姿勢に気をつける

人間の体は、年とともに重力に負け、肌にたるみも出てきます。
最近では、若いひとにもほうれい線が目立つようになっているということです。
それは、スマホの見過ぎが原因になっています。

スマホを見る場合には、下を向くことにより姿勢が悪くなり、重力の影響を受けやすくなります。
姿勢良く保つことで重力の影響を最小限に留め、ほうれいせんを消すことができます。

ほうれい線を防ぐ3 髪の結び方

髪の毛を結ぶ時に顔の皮膚を引っ張り上げるように結んでいないでしょうか?
たしかに髪を結ぶ時に顔の肉をあげれば若く見えますし、たるみも目立たなくなるでしょう。

でも、結びを解いた瞬間に肌がたるんでしまうんです。
輪ゴムを想像してみてください。

伸ばせば伸ばすほど伸びるのですが、繰り返して伸ばしているとゴムがたるんでしまいます。

この輪ゴムと同じ現象が肌でも起こってしまいます。
髪を結ぶ場合は肌を強く引っ張らず、ゆるく結ぶようにしましょう。

ほうれい線を防ぐ4 寝る向きに注意する

ほうれい線を防ぐには寝る向きにも注意しましょう。
もし横向きに寝ているのならばほうれい線ができる原因になるので止めましょう。

頭と重力により、皮膚が下に引っ張られその結果たるみが発生します。
このたるみはやがて皮膚にしわをつくり、さらにほうれい線と成ります。

ほうれいせん 防ぐ

ほうれい線を防ぐ5 顔の筋肉をほぐす

最初にお伝えしたようにほうれい線は、しわではありません。
頬などの皮膚のたるみが原因でできる線です。

そのため、ほうれい線を防ぐには、皮膚を支えている顔の筋肉をほぐしたり、鍛えたりします。
まずは、頬の筋肉につながっている、側頭部の筋肉や耳周りの筋肉をマッサージしてほぐしてあげましょう。

それだけでも即効性があり、ほうれい線が目立たなくなります。

ほうれい線を防ぐ6 舌回し運動

ほうれい線を消すためには、顔に筋肉をつけることです。
口の中で舌を右回り、左回りに20回程度回してみてください。
回す時は、なるべく大きな円を描くように舌を回してください。

いかがでしょうか?顔が痛いですよね。痛いということは顔の筋肉が使われている証拠です。

これを1日3セット程度やり続けることで顔に筋肉をつけることができます。
また、ほうれい線を消すだけでなく、2重あごの防止にも役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)