痔の種類別原因といぼ痔の治し方について|痔瘻・裂肛・いぼ痔の対処方法

痔瘻・裂肛・いぼ痔 種類 痔 治し方

痔の種類と痔の種類別治し方

痔と一言で言ってもいろんな種類の痔があります。
痔になる原因も様々で治すには手術が必要になってくる痔もあります。
ここでは、痔の種類と痔の予防方法および痔の治し方について述べていきたいと思います。

裂肛

裂肛は女性に多い傾向があります。便秘でべんが硬くなっている状態でいきむと肛門を傷つけてしまいます。

一度切れてしまうと排便のたびに切れてしまいやがて慢性化してしまいます。

裂肛というのは肛門の怪我です。
恥ずかしがらず慢性化してしまう前に病院に行き、治してしまいましょう。

注意してほしいのが、肛門から血が出ていても裂肛と自己判断してしまうことです。
直腸がんの可能性もありますので、やはり早めに病院に行くべきです。

いぼ痔

仕事柄椅子に座りっぱなしの人がいぼ痔になりやすい傾向があります。

また、逆に立ち仕事の人もいぼ痔になりやすいようです。座り仕事と立ち仕事は相反するように見えますが、どちらも肛門に負担をかけ、肛門のクッション部分に血が鬱血してやがていぼ痔になってしまいます。

肛門周りの血の流れが悪いといぼ痔になりやすくなります。
男女共にもっともなりやすいのがいぼ痔です。

初期のいぼ痔については初期であれば自然にいぼが消え治ってしまうこともあります。

内痔核

肛門の内側にできるため気付きにくい、いぼ痔です。痛みがない為放っておきがちになるのですが、ひどくなると出血を伴い、いぼが外に出てきて痛みを感じるようになります。
さらにひどくなると脱肛になります。

外痔核

内痔核と反対で肛門の外にできるいぼ痔です。
痛みを伴うのですぐにわかります。

痔瘻

一番厄介な痔に分類されます。下痢などで大腸菌が腸のくぼみに入り込み化膿して膿が溜まります。

この状態が肛門周囲膿瘍です。この時に38度以上の高熱が出ることがあります。

溜まった膿は行き場を失い、やがて腸の中から外へトンネルを作り、膿を輩出します。

これが痔瘻です。膿を排出するとすこしらくになるのですが、治ったわけではありません。

膿のトンネルを作るので簡単には治らずすぐに再発します。

痔瘻は、薬では治らないため、手術が必要です。長年放っておくとガンに進行する恐れがあります。
痔瘻は厄介な痔ですので、手術は痔の専門医に行き、手術し、治してもらいましょう。

ちなみに痔瘻は男性の方の方が多く罹ります。

痔の応急措置

裂肛やいぼ痔の場合は、患部を温めることで症状が和らぎます。

ぬるま湯などに浸かるだけでも痛みはマシになるでしょう。

痔瘻の場合は、温めてはいけません。熱を持っている膿んだ患部を冷やすことで症状が和らぎます。
いぼ痔の治し方

痔の予防と痔の治し方

痔を予防するには食生活の改善と運動習慣を身に着けることが必要です。
食生活を改善し、腸内環境を良好に保ち、運動習慣を身につけ腸のぜん動を促し、便秘と下痢を予防することでいぼ痔や裂肛を予防します。

痔の治し方1 食生活の改善

まずは食生活を見直すことです。食物繊維を多く含んだ野菜や果物を多く摂ることで、お通じをよくしましょう。

また、アルコールや辛いものなど香辛料を食べ過ぎると肛門を刺激してしまいますので避けるようにしましょう。

痔の予防と痔の治し方2 日ごろから運動する習慣を身に着ける

仕事柄、体を動かすことがあまりない方は運送習慣を身につけましょう。

座り仕事を続けているとどうしても肛門に負担がかかりやすくなります。

その場合は、運動をすることでう肛門のうっ血を防ぐことができます。

また、長時間座っているのではなく、30分に一度の割合で軽く歩くことでうっ血を防ぐことができます。

その他にも、運動することで胃腸が活発に働き、スムーズに便がでるようになります。

スムーズに排便できるようになると徐々にいぼ痔や裂肛の症状が和らいでくるでしょう。

痔の予防と痔の治し方3 ストレスを溜めないようにする

ストレスを感じると一番影響を受けるのは胃腸です。

下痢になったり、便秘になったり症状は人それぞれですが、確実に肛門に負担をかけてしまいます。
ストレスで下痢になり、しかもストレスで抵抗力が弱っているために細菌が入り肛門周囲膿瘍になり、
さらに痔瘻へと発展します。

または、便秘になり、便が出ないため力むことで、いぼ痔になったり、裂肛になったりします。

そのため、日頃から自分にあったストレス解消法を見つけ、胃腸ひいては肛門に負担をかけない生活を送ってください。

痔の予防と痔の治し方4 冷え性を改善する

いぼ痔や切れ痔の人は冷え性の人が多くを占めます。
冷え性は女性に多い傾向があります。
それは男性に比べて筋肉量が少ないことが原因のようです。
筋肉は熱を生み出す源であり、下半身に多く付いています。
スクワットなどは、下半身の筋肉をつけるにはうってつけです。

体が冷えると血の巡りが悪くなり肛門にも悪影響を及ぼします。冬はもちろんですが、夏でも体が冷えすぎないように注意しましょう。

痔の予防と痔の治し方5 肛門を清潔に保つ

排便をした後は、ウオシュレットを使用するなどして肛門周りを清潔に保ちましょう。
便というのは刺激物です。紙で肛門を拭いても完全には取れません。
取れないと肛門を便が刺激していぼ痔や裂肛がひどくなっていきます。

家にウオシュレットがない方は、風呂場で洗ったり、携帯式のウオシュレットを購入しましょう。
また、粘膜にも使用できる消毒液で肛門を拭くのもお勧めします。

いぼ痔の治し方

痔の手術

痔の手術には色々な種類があり、また、痔のレベルによって選択する術式が異なります。
痔といえども下手な手術をすると術後の痛みが出たり、肛門が緩んだり、治りが悪い場合がありますので、
肛門専門医に診察してもらうことをお勧めします。

結紮切除術

外痔核、内痔核などのいぼ痔を取り除く手術です。
結紮切除術より以前では、ホワイトヘッド法と呼ばれる患部を広範囲に取り除く手術が行われていましたが、
術後の痛みや肛門が緩んでしなうなどの症状がでるため、今では結紮切除術が主流です。

結紮切除術は、痔核を縛ることで血流をとめ根元から切除する術式です。

また最近では、ALTA(ジオン4段階注射)療法と呼ばれる術式も取られており、これは痔核に硫酸アルミニウムカリウムを注射することで血流を止める方法です。

用手肛門拡張術

慢性的な裂肛で肛門が狭くなっている場合に行います。
切除等切ることはせず、狭くなった肛門を手で広げます。
比較的体への負担が少ない方法です。

裂肛切除術

慢性的な裂肛は、傷が窪み治りにくい形状になっています。
この形状を治りやすい形状に切開することで裂肛の治りを促します。

また、肛門の筋肉の緊張により切れやすい構造になっている場合は、
緊張を緩和するために狭くなっている肛門を少し切開します。

開放術式

痔瘻のろう菅の場所を確認した後、ろう菅含めた周囲を切除します。
切開した部分を縫合する場合と縫合しない場合があります。

括約筋温存術式

括約筋を切開することなく痔瘻のろう菅のみをくりぬく方法です。
痔瘻のできる場所によって括約筋温存術式が向く場合と向かいな場合があり、肛門の手術経験を積んだ専門医の判断が重要です。

肛門がゆるくなる心配はないのですが難易度が高く、後述するシートン法と比べると再発率が高くなります。

シートン法

ろう菅にゴムを通して、時間をかけてろう菅を切除していく方法です。

術後は、ゴムが残るため違和感を感じます。
時間をかけゴムがたるめば、縛る、を繰り返し、3ヶ月から1年程度かけ、ろう菅をゴムの力で切除していきます。

時間はかかりますが、再発率の低い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)